できるダイエット

40代女性の辛くない痩せ習慣!三日坊主のあなたにも出来る簡単に痩せる方法を紹介します。キツくない食事制限と運動、やる気を保つ方法が身に付けば、リバウンドしない痩せ習慣ができます。そして痩せ体質を加速させるダイエット食品も要チェック。

40代女性が簡単に痩せるダイエット法は?

「若い頃は何もしなくてもスリムだったのに」
「同じ生活を続けているのに、体重が増えた」
「去年買った洋服がキツくなっちゃった」

年齢を重ねるにつれて体重や体型が気になり、慌ててダイエットを頑張っても結果が出せなかった私。
結局、辛く我慢ばかりのダイエットに嫌気がさして、もう諦めモード状態…。

でも実は、私たち40代女性でも自分に合った楽して痩せるダイエット方法があるんです。
そこで、あなたにピッタリな簡単に痩せる方法について、徹底調査しました!

太る原因と痩せられない理由とは?

スリムな女性と太った女性
太る原因と痩せられない理由を知るだけで、簡単に痩せる方法が見えてきます。
体重が増えて太ってしまうのは、体の中にエネルギーが余ってしまうのが大きな原因!

毎日の生活で消費されるエネルギーは、大きく3つに分類されます。

これらのエネルギーで消費しきれなかったものは、脂肪となって体に蓄積してしまうのです。

*POINT
色々な方法で体内のエネルギーは消費されるけれど、余ったエネルギーが脂肪として蓄積されてしまうのが太る原因&痩せない理由!

知っておこう!おデブキーワード4つ
「血糖値、中性脂肪、皮下脂肪、コレステロール」

必要なエネルギーは毎日の食事で補っていくものですが、食事の際は太りやすい原因が数多く存在。
ですが、太ってしまう理由やメカニズムを知ると、痩せるためのヒントが見えてきます。

「血糖値」…適切な濃度を保てないとぜい肉に変化します

血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度ですが、血糖値が下がると空腹感を抱き、逆に食後は血糖値が上昇し満腹感で満たされる仕組み。

そこで血糖値が上昇すると、体は血糖値を下げようとインスリンが分泌されますが、もしインスリンが不足して血糖値が高いままの場合、血液が濃くなり心筋梗塞や肝硬変、糖尿病(生活習慣病)といった病気のリスクも高まる可能性があるのです。

また、インスリンの分泌が増えると脂肪を蓄えやすくなるため、太る原因にもなってしまいます。

「中性脂肪」…ぜい肉を作るあぶら

中性脂肪と聞くとダイエットの大敵と思う人も多いですが、実はエネルギーの基となる成分で貯蔵庫とも言われる存在。

血液をめぐりエネルギーとして使われるので、本来は生きていくために欠かせない成分ですが、余った中性脂肪は再び合成され、皮下脂肪や内臓脂肪となってしまうのです。
まさにこれが、余ったエネルギーが脂肪になるという状態と言えるでしょう。

「皮下脂肪」…必要以上に増えるとぜい肉と呼ばれます

皮下脂肪とは皮膚の下についた脂肪のことで、エネルギー貯蔵タンクの役割があります。
皮下脂肪は女性につきやすい脂肪で、子宮を守るためにお腹周りにつきやすく、皮膚の下についているので手でつまめるのが特徴です。

かたや、内臓や腸のまわりに付きやすい脂肪は内臓脂肪と呼ばれ、男性につきやすいタイプです。
皮膚の下ではなく、筋肉よりも内側に蓄積されるので手ではつまめず、これが皮下脂肪と見分ける目安にもなります。

「コレステロール」…決して悪ではありませんがおデブは悪質化しやすい

中性脂肪と深く関係しているのが、同じく脂質の一種であるコレステロールです。

コレステロールとはホルモンの原料などに使われるもので、中性脂肪が増えると悪玉コレステロールも増えやすいのが見逃せないポイント。
血管内にコレステロールが溜まってしまい、動脈硬化の危険性が出てしまいます。

直接、コレステロールによるダイエット効果はないですが、美容と健康を意識したダイエットなら、中性脂肪だけでなく連動するコレステロールも下げる対策が欠かせません。

このように、食事でカロリーを摂取するのは太りやすい原因がたくさん隠されているのです。

*POINT
血糖値や中性脂肪、さらにはコレステロールなど、色々な身体の働きによって余ったエネルギーが脂肪となってしまいます。

痩せる方法…余ったエネルギーを調整するには?

体の中にエネルギーが余ってしまうのが大きな原因なら、痩せる方法は余ったエネルギーを調整するのが唯一の方法です。

エネルギーを余らせないようにする具体的な方法は、ダイエットの王道とも言えるやり方となってきます。

摂取カロリーを抑えてエネルギーを余らせない

食事制限で1日3回の食事をカロリー調整したり、糖質量や脂質量を減らして摂取カロリーを抑えれば、エネルギーを余らせないで消費させることが可能。
とくに最近では、糖質オフとして炭水化物抜きダイエットが流行し、主食であるご飯やパンを抜いておかずだけを食べる人もいるくらいです。

また酵素ドリンクやスムージー、サプリなどによる食事量のコントロールは、運動が苦手な人にぴったりの方法とも言えるでしょう。

ただし、抑えるべき摂取カロリーはあくまでも、余ったエネルギー分というのが重要です。
長期間の断食や栄養バランスを無視した食生活では、体を動かすのに必要なエネルギーも不足してしまい体調不良や病気になる恐れも出てしまいます。

消費カロリーを高めてエネルギーを使い切る

スポーツや全身運動で身体を動かすのは、消費エネルギーのひとつ身体活動を高めるため、余ったエネルギーを調整するのにぴったりなやり方。
運動して直接、脂肪を燃焼させるだけでなく、筋肉量を増やして基礎代謝を高めるのにも有効です。

ただし、摂取カロリーを抑える食事制限に比べて、目に見える変化が少ないことも…。
短期間の断食で数キロ落とす方法と比較すれば、長期間続けて太りにくく痩せやすい身体にシフトさせていくのが、消費カロリーを高める減量方法の魅力です。

リバウンドもなく健康的に肥満対策に取り組めるため、長い目で見れば消費カロリーを高める痩せ方が良いですが、継続的に続けるのが難しく感じる人も少なくありません。

*POINT
痩せるには、食事制限して摂取カロリーを抑えるか、運動して消費カロリーを高めるかの二択!
でもリバウンド対策や安全性を考えると、どちらも無理せず継続的に続けるのが大切です。

大ショック…それでも40代女性は痩せにくい!?

ですが、摂取カロリーを抑えたり消費カロリーを高めたり…なんて頑張らなくても、若い頃は太りにくかったり、たとえ体重が増えてもすぐにストンと戻ってくれた人も多いはず。

実は、加齢による体質の変化で、肥満体型になりやすくなってしまうのです!

痩せにくい理由は加齢による体の変化

加齢により体内酵素の量は減少するのにあわせて、代謝酵素にも使われる基礎代謝も落ちてしまいます。
また、運動不足により筋肉量が低下するのも、脂肪燃焼効果をダウンさせる原因になるため、体重を落としにくい体質に傾いてしまいがち。

さらに、妊娠に関係する女性ホルモンのプロゲステロンが分泌されている時期はむくみやすく、自律神経の働きも鈍くなるため太りやすくなるのです。
加えて40代女性の場合、緩やかにホルモンの分泌が低下しているので、毎月の体調変化以外でもホルモンが乱れる場合も…。

実は40代女性は体重が増えやすいものの、増えた脂肪を落としにくい状態です。

さらに見逃せないダイエットの難しさ

肥満体型を解消する健康目的の女性も多いですが、やはり見た目の美しさや美容を意識したスタイルアップも重要な部分。

ですが年齢問わず、栄養バランスを無視した減量方法は長期間続けられないだけでなく、リバウンドしやすくなってしまいます。
また、ハードなダイエットで身体が飢餓状態に陥れば、栄養を溜め込もうとする防衛反応が働き、頑張っても体重が落ちてくれない「停滞期」も見逃せません。

危険なダイエットはもちろん、正しい減量方法でも体重が落ちにくいタイミングはあるのです。

*POINT
加齢によりダイエット効果を出しにくい身体にプラスして、ダイエット本来の難しさも考えれば…40代女性が痩せる難しさにも頷けるはず!

40代女性が頑張る一般的なダイエット方法は?

「40代だからこそ結果が出せる痩せ方」というのはなく、むしろ20代30代女性でも取り組んでいるダイエット方法を、もう一歩踏み込んで頑張るのが一般的。

実際に口コミやブログで40代女性が実践している減量法を調べてみると、年齢的に結果を出しにくい体質だからこそ色々なやり方を試していることがわかりました。

食事

1日3回の食事量をコントロールする食事制限ダイエットではスープやサラダ、メイン料理で食物繊維が豊富な食品を選んだり、野菜たっぷりのレシピにする自炊が人気。
かたや外食が多めの人は、酵素ドリンクやダイエット食品を活用する方法が選ばれています。

夜21時以前なら何を食べても問題ないダイエットや、夕食は大好きな焼き肉でもお米を抜く炭水化物抜きダイエット、さらには腸内環境を整えて内側からヤセ体質を目指すヨーグルトダイエットなどもトレンドになりました。

とくにデトックス目的の断食ダイエットや置き換えダイエットは、短期間ダイエットの定番になりつつありますが、その後ドカ食いをすればリバウンドしてしまうため、無理なく続けるのが成功の秘訣と言えるでしょう。

*食事に関係した人気のダイエット

  • 糖質制限や炭水化物を抜くカロリー制限ダイエット
  • ダイエットクッキーやスムージーなどダイエット食の活用
  • 特定の食材を積極的に摂るヨーグルトやバナナダイエット
  • 内側から胃腸をケアして整える白湯ダイエット

運動

脂肪を燃焼させるには、運動量の少ない有酸素運動が良いとあって、内臓脂肪が気になる男性もスタイルアップが目的の女性からも人気。
たっぷりの酸素を使うランニングや水泳など、ジムに通って続ける人も多いです。

ですが、その脂肪を燃焼させる前に糖質のエネルギーが使われるため、30分以上継続するのが重要。
さらに、脂肪燃焼の効果を高めるためには筋肉も欠かせないため、筋肉を育てるのに効果的な運動強度のある無酸素運動も必要となってきます。

その中でも、無理なく続けられる簡単なリンパマッサージ方法を取り入れるのも良いアイデア。
ですが、筋肉ダイエットの中でもプロテインダイエットは、運動をサボるとエネルギーが余りやすい状態になるので、注意が必要な方法もあります。

*運動に関係した人気のダイエット

  • セルフケアでむくみ対策にもなるリンパマッサージ
  • 腹筋を動かし続ける、おなか凹凸ダイエット
  • 筋肉量を効率よく増やすプロテインダイエット
  • 習慣化で燃焼効率を高める筋肉トレーニング
  • ウォーキングやストレッチなどの有酸素運動

生活習慣

食事制限や運動だけでなく、生活習慣を見直すのも体質改善に大きな期待ができます。
とくに女性の場合、ホルモンバランスの乱れがダイエットにも影響を与えますが、睡眠中は成長ホルモンや女性ホルモンの分泌が高まるため睡眠の質も重要。

また掃除や家事、買い物、入浴といった毎日の生活でも、少しの心掛けを実践するだけでダイエットのアプローチとなってくれます。

中でも、運動嫌いの人でも取り組めるのが、意識して呼吸を変えるだけのやり方。
腹式呼吸や背伸び、お風呂などありますが、大きく息を吸うのは大胸筋を鍛えるのにもなり、代謝アップ効果も狙えます。

そして骨盤のゆがみや猫背を改善する歩き方も、正しい位置に筋肉をつけたり、余計な脂肪をつけさせない対策に有効です。

*生活習慣に関係した人気のダイエット

  • 意識して変える腹式呼吸ダイエット
  • 腹式呼吸と自律神経に背伸びダイエット
  • 代謝を上げてデトックスも狙える風呂ダイエット
  • 猫背改善や骨盤矯正ダイエット

モチベーションの維持

直接、体重を落とすために摂取カロリーを抑えたり、消費カロリーを高めたりするだけでなく、モチベーションの維持も実はとっても大事な部分。

残念ながらダイエットは数日、数回やって劇的に体型がスリムになることはありません。
また、頑張っても常にスルスル体重が落ち続けることはなく、停滞期を迎えることも…。
そこで落ち込んだり挫折してダイエットが失敗してしまうのは、もったいない!

諦めずに継続していくためにも、食事制限や運動以外のモチベーション維持をダイエットのひとつとして取り組んでいくのがおすすめ。

順調に落ちている時は実感が薄いかもしれませんが、もし思うような結果がでなかったり、体や体重の変化が落ち着いた場合、支えてくれる存在になってくれます。

*モチベ維持に関係した人気のダイエット

  • 鏡に映して視覚を刺激する全裸ダイエット
  • 過去の記録を確認できる体重管理アプリ
  • 毎日を発信するダイエット日記やブログ
  • 同じダイエット仲間と励まし合えるSNS

避けては通れない「更年期」の話

更年期は一般的に50歳前後の5年から10年と言われていますが、女性ホルモンの分泌量が低下するのは30代からはじまので、40代も大きく影響を受ける時期なのです。

ホルモン分泌は直接、ダイエットにも影響を与えますが、ホルモン分泌のコントロールは視床下部で行われます。
同じ視床下部でコントロールされる自律神経にも影響を与えるため、倦怠感やほてりだけでなく、イライラや不安も起きてしまうのです。

更年期の運動療法は骨密度の維持やストレスの発散目的で推奨されていますが、ダイエットの場合、つらく感じたりモチベーションの維持が難しくなる恐れも。

ダイエットで体重を落とすのも大切ですが、無理せず続けて時には休むのも重要です。

40代女性へ本当におすすめしたいダイエット方法

なかなかダイエットが難しい40代女性でも、効果が実感でき続けやすいと話題のダイエット方法をまとめました!
口コミ評判やランキングだけで選ぶのではなく、あなたにぴったりの方法を見つけるのが成功への第一歩です。

ダイエットサプリで痩せるメリット・デメリット

摂取カロリーを抑えるラク痩せをしたいなら、ダイエットサプリがおすすめです!

ダイエットサプリは、何といっても毎日飲み続けるだけの手軽さが魅力。
健康食品のため薬と違って副作用の危険もなく、飲み合わせや体質によって効果に差が出ないので、年齢問わず誰でも同じように取り組めます。

ダイエット向けのサプリメントも、今では低カロリーで高たんぱく質を補えるプロテインだけではありません。
食事カロリーを調整するものから脂肪燃焼サポート、満腹感を満たせるなど様々な成分が配合されたタイプが展開されているのです。

セルフケアの食事制限ではカロリー不足の危険性がありますが、健康食品のサプリならダイエット成分以外の栄養バランスもケアできるのがメリット。

ただし、3か月から半年飲み続けて変化が実感できるのが一般的なので、買い続ける手間がかかったり、治療薬のような即効性が得られないのはデメリットと言えるでしょう。

*ダイエットサプリがおすすめな人

  • 運動は苦手だけど食事制限もキツい
  • 手軽で無理なく続けたい
  • 安全性や健康も意識して痩せたい

詳しくはこちらへ
ダイエットサプリ
「絶対痩せたい!ダイエットサプリメントの効果を100%引き出す選び方・飲み方」

器具で痩せるメリット・デメリット

運動で消費カロリーを高めるのに、少しでも楽して痩せたいと思うなら、器具で痩せるダイエット方法がぴったりです!

食事のタイミングやカロリー管理などが面倒に感じる人でも、ケア用品に頼って無理なく続けられる運動習慣がスタート可能。
代謝力を高める筋トレ効果が期待できるものから、美容を意識したセルライト潰しやむくみ対策に役立つものまで、ダイエット器具もたくさんの種類が販売されています。

サプリに比べると最初に買い揃える金額は高くなってしまいますが、1度購入すれば長く使い続けられるので、長期的にみれば良コスパと言えるでしょう。
また器具を使い続けることで身体に変化がでたり軽さを感じれば、苦手だった運動も楽しくなったり、食生活も見直すきっかけになったり、考えが自然と切り替えられるのも魅力的。

ただし、商品によっては値段が高い物や消耗品を購入する必要があったり、準備や片付けが面倒に感じてしまうと、続けるのが難しくなってしまいます。

*器具を使うのがおすすめな人

  • 食事制限は絶対にしたくない
  • 運動は苦手だけど体は動かしたい
  • 長い目で見てお得な痩せ方をしたい

エステで痩せるメリット・デメリット

美容や女性らしい美しさも意識して、ダイエットに取り組みたいならエステで痩せるのも良いアイデアのひとつ!

美尻や美乳、ウエストマッサージでメリハリを利かせたシェイプアップはもちろん、美肌向けのアフターケアや、エンダモロジーでボコボコセルライトを除去するアプローチなど、ただ体重を落とすだけでないダイエットに取り組めます。

最新のマシンやプロの施術が受けられるエステは、セルフケアの限界を超えたお手入れをしてもらえるのが大きな魅力。
また、エステサロンではリラックス効果を狙った空間が施されているので、心身のリラックスや贅沢な時間のご褒美気分も堪能できます。

自分一人では難しい目標を目指せるので、楽して痩せるのにぴったりな方法ですが、やはり自宅ケアと比べると費用もかかり、予約や通うの手間も必要です。
ダイエットだけでなく、全身キレイを目指す場所として続ける、お金と時間のゆとりが求められるでしょう。

*エステがおすすめな人

  • 食事制限も運動も無理
  • お金を払ってプロに頼みたい
  • キレイを意識した減量をしたい

ジムで痩せるメリット・デメリット

楽して痩せたいと思っていたけれど、ダイエットの難しさを知った今、本気モードに突入したならジムを活用するのが効果的です!

プライベートジムと聞けば上級者向けのイメージですが、今ではお酒の付き合いや外食が多い男性はもちろん、体型が気になる女性など、トレーニング初心者の利用者も増加中。

効率良いエネルギー燃焼や筋トレは、やはり運動になれていない人にはつらいものですが、ジムならトレーナーの指導を受けながら、基礎からしっかり正しく取り組めます。

また運動だけでなくカロリー計算や料理、食事タイミングのアドバイスが貰えることも。
もちろんダイエット向けで取り組めば、ムキムキのマッチョにはならず、リバウンド知らずの女性らしいスタイルアップが目指せます。

ですが、やはりプライベートジムの費用は高く、一般的なジムでも入会金や月額費、ロッカー代や水代など発生。
お得なプランで一括払いしても、通うのを諦めたらもったいない結果となってしまいます。

*ジムがおすすめな人

  • 本格的に頑張って痩せたい
  • モチベを上げてくれる人がほしい
  • 正しく健康的なダイエットがしたい

矯正下着、補正下着のメリット・デメリット

「簡単に痩せる方法を知りたかったけれど、やっぱり大変そうだし私には無理…」
そんな人でもすぐ実感できる、即効性バツグンのアイテムが矯正下着や補正下着!

余分なお肉を落としたり筋肉量を増やすのではなく、とにかくすぐに見た目を良くしたい人に役立つアイテムです。

結婚式や同窓会、お呼ばれのイベント予定があっても、期限が迫ってダイエット期間もわずか状態なら間に合わない恐れも…。
ですが矯正下着や補正下着なら、着るだけでキュッと引き締めてくれるので、簡単にスタイルアップが可能!

もちろんあくまでも一時的なので、脱いだら元の状態に戻ってしまうのがデメリットですが、中には骨盤矯正やむくみ対策、代謝アップの冷え症ケアなどダイエットのサポートに役立つ機能が施されている商品もあります。

直接、体重を落とすことはできないのでダイエットとは言えませんが、一時的に見た目を変えてスタイルアップさせたい人には手軽にできる方法です。

*矯正下着、補正下着がおすすめな人

  • 即効性のある体の変化がほしい
  • 一時的に見た目がキレイになれば満足
  • 継続しなくてもいい手軽さが重要

簡単に痩せる方法…あなたはどのタイプ?

ダイエットについて色々調べてみると、太りやすく痩せにくいと言われる40代でも、簡単に痩せる方法がわかりました。
ですが、誰にでも「コレをすれば絶対に痩せる!」とは言えないことも再確認。
自分の生活やダイエットの目的、ペースなど無理なく続けられる相性の良い方法を見つけるのが、本当のダイエット成功の第一歩だと思います。

私みたいに諦めたり言い訳したりしがちですが、40代でもスリム体型に仕上げてキープすることはできるので、ぜひ健康的にリバウンド知らずの減量を始めましょう!

Copyright© できるダイエット , 2018 AllRights Reserved.

https://ican-diet.com
スーパーフード美人赤汁