バストアップの運動に励む女性
ダイエットに励む女性の永遠の悩みである、バストサイズ。
ダイエットをしていると、バストサイズがワンサイズも落ちてしまった。
という経験はありませんか?
私もダイエット時、バストサイズの変化を感じることがありました。

なぜお腹のお肉は落ちないのに、バストから先に落ちてしまうのでしょうか?
まずは脂肪が落ちるメカニズムを知り、外側からのケア・内側からのケアを知ることがバストをキープしたままダイエットを成功させる第一歩です。
それでは、ダイエット時のバストサイズキープのコツをご紹介します!

ダイエット中はなぜバストから落ちてしまうの?

「体重は落ちたけど、バストサイズも落ちてしまった」
「お腹のお肉は落ちないのに、バストが先に落ちてしまった」
このような悩みを感じた女性も多いはず。
私自身も以前、このようにバストサイズで悩んだ経験があります。
また、友人からもダイエットに成功したけれどバストサイズがダウンしてショック…と相談を受けたこともあります。
「ダイエットとバスト」。
女性の永遠のテーマかもしれません。

「ダイエットするとバストは落ちるもの!」と決めつけてしまったり、「そういうもの」と割り切ってしまうことは勿体い!!・・・ではどうしたらいいの?と思ったあなた。
まずはバストについて再確認をしましょう。

私たち女性のバスト(胸)の中身は、母乳がつくられる場所である「乳腺」と「脂肪」。

そして脂肪が約9割を占めていると言われることも・・・。
つまり、バスト=脂肪で出来ているのです。
脂肪と聞くと、悪いモノやなくしたいモノと感じる人が多いでしょう。
しかし、私たち人間の体は、生命の維持の為に脂肪も必要不可欠。

必要不可欠な脂肪ですが、「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2つに分けることができます。
ここでのバストの脂肪は、皮下脂肪
簡単にイメージするなら、外からつまめる脂肪は皮下脂肪、内臓周りにある触ることの出来ない脂肪が内臓脂肪です。

一般的に皮下脂肪は身体の末端から中心部に向かって、落ちていく傾向があると言われています。
また、体を守る為に必要な部位は落ちづらく、必要のない部位は落ちやすいと言われています。

つまり、内臓周りを守る為に優先順位の高いお腹周りの脂肪は落ちづらく、胸や顔といった優先順位が低い場所は落ちやすいのです。

ダイエット時に、バストサイズが落ちるメカニズムはイメージがつきましたか?
では、キープをするコツを2つご紹介します。

バストサイズをキープする鍵①外側からのケア

まずは、外側からのケア。
バストの約9割は脂肪で出来ています。
その脂肪を支えているものは「筋肉」と「靭帯」です。
「大胸筋」「小胸筋」や「クーパー靭帯」という言葉を耳にしたことはありませんか?
クーパー靭帯

バストを支える役割をするクーパー靭帯が伸びてしまったり、切れてしまうことでバストが下がって見えてしまいます。
1度伸びたり切れてしまうと、元に戻らないのがこのクーパー靭帯です。
こういった損傷を防ぐ為にバスト周りの筋肉の役割が重要になります。

特にバスト周りの3つの筋肉が重要なポイント!
1つめは「大胸筋」。
胸の筋肉と言えば、1番最初に思いつく筋肉ではないでしょうか?
大胸筋はバストを支えるようについている筋肉なので、バスト全体を持ち上げてくれる役割があります。
バスト全体を持ち上げる大胸筋が発達していると、同じバストサイズでも大きく見えることもありますよ!

2つめは、「小胸筋」。
小胸筋は大胸筋の下にある筋肉。
小胸筋の上に大胸筋が覆いかぶさっているようなイメージです。
この小胸筋は、バストを中央に引き寄せてくれる役割をします。

よって、バストが離れずに谷間がくっきり出来るようになります。
小胸筋は、日常生活で使いすぎて硬くなっている場合が多い筋肉です。
例えば、デスクワークや車の運転、家事などで背中が丸くなることで小胸筋が硬くなり、血行が悪くなります。
つまり、大胸筋は鍛えることで効果が出ますが、小胸筋はほぐしてあげたり、ストレッチをすることでバストにとって嬉しい変化を感じることができるでしょう!

3つめは、「胸鎖乳突筋」。
こちらは聞きなれない筋肉だと思います。
胸鎖乳突筋は首から鎖骨にかけて走っている筋肉です。
大胸筋と一緒にバストを持ち上げてくれる役割をします。
小胸筋と同じく、デスクワークなどで背中が丸まりやすい方は、使いすぎて硬くなってしまったり、また上手に筋肉を使えずに硬くなってしまうこともあります。
正しく動かしてあげることで血行促進も期待できます。

この3つの筋肉をトレーニング、ストレッチすることで外側からバストのケアをすることができます。
外側からのケアは、コツコツ繰り返してあげることで効果を感じることが出来ます。
しかし、トレーニングを続けるのは苦手・・・。
早く効果を実感したい!という方も多くいらっしゃるでしょう。

もっと簡単に、早く効果を実感したい方にはもう1つのケアがおすすめです。

バストサイズをキープする鍵②内側からのケア

コツコツトレーニングをして・・・バストの変化を感じるにはとても時間がかかります。
そこで、内側からのケアとしてずばり、サプリメントをおすすめします。

食品から様々な栄養素を摂ることが理想ですが、相当の量を食べなくてはならなかったり現実的に考えるととても難しいです。
食品からの様々な栄養をバランスよく摂りながら、不足しがちな栄養素、体内でつくることのできない栄養素をサプリメントで補うことがダイエットやバストアップへの近道といえるでしょう。

現在は様々なダイエットサプリ、バストアップサプリがありますが、私のおすすめは「ベルタプエラリア」。
バストアップサプリといえば、「プエラリア」という言葉を耳にしますが、ベルタプエラリアは高品質の純正100パーセントのプエラリア、AAAランクという最高ランクのプエラリアを使用しています。
質の良いプエラリアでバストを内側から育てることが内側からのケア。

外側と内側、2つのケアをお伝えしましたが、私のおすすめ方法は・・・
ベルタプエラリアで内側からバストを育てるケアをしながら、トレーニング・ストレッチで育てたバストをキープしてあげること。

是非、試してみてくださいね!