内臓脂肪に効く「夜ヨーグルト習慣」で乳酸菌ダイエット

SHARE

内臓脂肪に効く「夜ヨーグルト習慣」で乳酸菌ダイエット

一度ついてしまうと減らすのが難しいのが、内臓脂肪の特徴です。外食などでカロリー管理が難しいかたは、ヨーグルトを食べるという手軽な方法をまずはトライしてみましょう。科学的にも証明された脂肪燃焼作用がある「ガセリ菌SP株」なら、3ヶ月後には嬉しい変化を感じることができます。

内臓脂肪を減らすためには計画的な運動とカロリーコントロールが必須

体脂肪率をはかることができる体重計が普及していますが、この数値だけでは内臓脂肪量をしることができません。ここで分かる体脂肪は、皮膚と筋肉の間につく「皮下脂肪」と、腸の周辺につく「内臓脂肪」の合計だからです。

洋なしのような体型になりやすい皮下脂肪太りと違って、一見痩せ体型のかたでもついていることがあるのが内臓脂肪。隠れ肥満とも呼ばれ、気づきにくさから危険視されています。高血糖症や動脈硬化など、重大な病気にも関係するため早めのダイエットが必要です。

しかし、内臓脂肪を減らすことは大変難しいんです。運動で落ちる皮下脂肪とは違い、食事の管理や代謝アップなど、体質を根本から変えていくようなダイエットプランに取り組まなければなりません。内臓脂肪は、つきやすく減りにくいんです。

何をやっても落ちない脂肪に乳酸菌ダイエットという新提案

腸の周辺につくという特徴から、内臓脂肪を減らすために腸の働きを活性化する食品を摂ることが有効ということは、以前から専門家の間で知られていました。近年研究が進み、特定の乳酸菌を摂ることで内臓脂肪が減るという報告がいくつも挙がっています。

「ガセリ菌SP株」は、内臓脂肪を減らす働きがあると科学的に証明された乳酸菌の1つです。
ヨーグルト製品などが機能性表示食品として国に認められていますので、スーパーなどで見かけることも多いでしょう。毎日摂ることで内臓脂肪の数値が下がる、血中コレステロールが減少するなどの嬉しい効果があります。

腸の活動を促し、老廃物をためない体を作ることで内臓脂肪を減らすダイエットは、専門家も認める優れた方法なんです。

乳酸菌ダイエットは夜がカギ!夕食後のヨーグルトを習慣づけて

腸の活動量は、日中より寝ている間に活性化されます。翌朝にするんと出る明るい茶色の便が出ることが、健康のバロメーターです。

乳酸菌の作用をよりしっかりと感じるためには、寝る前のヨーグルト摂取が効果的。食後や夜食として100gほどを毎日摂取すれば、体の変化を感じることができます。ダイエット目的ですので、糖類不使用のものがベストです。独特の酸味が気になるかたは、人工甘味料などカロリーのない調味料を使うと良いですよ。

皮下脂肪とは違い、内臓脂肪は燃やしにくいという難点があります。腸の活動を促す乳酸菌の力を活かし、体の中から変わるダイエットを始めてみませんか?夜ヨーグルトの習慣をつけるだけで、今まで悩まされてきた脂肪をすんなりと減らしていくことができます。

また、レンジで軽く温めてホットヨーグルトにすることによってお通じ改善が期待できます。
暖め過ぎると乳酸菌が死ぬのでは?という不安になるかもしれませんが、乳酸菌は死滅しても体に良い機能は残るという報告もあるので、ダイエットでヨーグルトを取り入れる際は是非お試しください。

https://ican-diet.com
スーパーフード美人赤汁