効率良く痩せるのに有効な減量方法の1つに置き換えダイエットがあります。
やり方は1食を専用の食品に換えるだけ。
ドリンクやスープなど置き換えダイエット食品もさまざまあります。
でもいざ始めてみると気づく落とし穴があるんです!

置き換えダイエットのメリット・デメリット

運動が苦手な方がジョギングで痩せようとすれば、大きなストレスに繋がります。
一般的に効果があるとされている減量方法でも、あなたに合っていなければ逆効果です。
食事を減量のための専用食品に置き換える方法なら、誰でも簡単にチャレンジできます。

置き換えダイエットは、

  • 運動が嫌い
  • 食べることが大好き

という方にこそおすすめです。
ここでは置き換えダイエットのメリットとデメリットについて紹介します。
これからシェイプアップしようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

メリット3選~簡単に続けられて健康的に痩せられる~

基本的に置き換えダイエットには、面倒なカロリー計算や激しい運動などする必要がありません。
調理の手間がかからない簡単なダイエット食品に置き換えるだけでカロリーカット・栄養摂取を叶えてくれます。
誰でも手軽に実践できるという点で、高く評価されています。

1:簡単にカロリーカットできる

痩せたい女性が1日に摂取すべきカロリー総量は約1500kcalとされています。
つまり1食500kcal以内に収めなければなりません。
すると、揚げ物や甘いお菓子などは当然我慢する必要があります。

商品にもよりますが、置き換え食品1食分のカロリーはだいたい50~200kcalほどのものが多いようです。
仮に1食を100kcalに抑えれば、残り1400kcal摂取することができるので、食べたいものを我慢せずに食事制限できます。

2:さまざまな商品があるので飽きがこない

ダイエット用の食品は多くのメーカーが販売しています。
シェイクやケーキのような甘いものだけではなく、スープやリゾットなど通常の食事と同じように食べられるものもあります。
これから商品を選ぶ場合は、味や種類のバリエーションが豊富なものにすると飽きにくく、長期的に続けられます。

3:栄養が豊富だから身体への負担がない

置き換え方法の中には身体への負担が大きい、あまりおすすめできないものもあります。
たとえば、リンゴやキャベツを食事と置き換える方法は、カロリーカットはできてもバランス良く栄養摂取をすることができません。
ダイエット食品を利用した置き換えなら、低カロリーでありながら1食で摂るべき栄養素をバランス良く摂取できます。

デメリット2選~ダイエット前後に注意が必要~

あなたに合った置き換え食品で計画的にシェイプアップしていけば、減量は必ず成功します。
注意しなければならないのはダイエットの前と後。
ストレスなく続けられる商品を選び、通常食に戻しても体型を維持する努力が必要になります。

1:リバウンドの可能性がある

置き換えダイエットを実行すると摂取カロリーが減るため、普段通りの生活をしていても脂肪が燃焼されやすくなります。
しかし、目標体重に到達したからといってすぐに食事を元に戻せば、リバウンドは避けられないでしょう。

目標体重に到達したあとは、少しずつ通常の食事に戻していきましょう。
減量前にドカ食い癖があった方は、くれぐれも食べ過ぎないように注意してください。
あくまでも「体型を維持できる食事」を心がけましょう。

2:置き換え食の選び方を間違えると意味がない

ダイエット食品はさまざまな種類があります。
最初の商品選びに失敗してしまえば、減量に成功することはとても難しいでしょう。

商品を選ぶ際は

  • 1食分のカロリー
  • おいしさ
  • 栄養バランス

この3つを必ずチェックしましょう。
減量に失敗する要因の大半は「続けられなかった」ことにあります。
3ヶ月~1年以上食べ続けることになる商品ですので、心身ともにストレスなく続けられるものを選びましょう。

置き換えダイエットの方法と注意点

より健康的で効率良く置き換えダイエットを成功させるためには、摂取方法を工夫して注意点を守ることが大切です。
あなたにとってストレスが溜まらない方法で、焦らずに減量していきましょう。

置き換えダイエットはいつ実践するのがベスト?

朝昼晩の食事のうち、どこを専用食品に置き換えるかについては、厳密な決まりはありません。
しかし、朝か夜に実践している方が多いようです。

朝食と置き換えるのが向いている人
  • 普段朝ごはんを食べない人
  • ストレスを溜めず長期的に減量していきたい人

ダイエット食品を摂った方が、朝食を食べないよりも、かえって太ってしまうと考える方もいるかもしれません。
しかし、活動を開始する朝にしっかりと栄養を摂ることで、太りにくく痩せやすい体質に変わっていきます。

普段あまり朝ごはんをしっかり摂らない方にこそ、朝置き換えがおすすめです。
空腹を感じることも少ないため、ストレスを溜めずにじっくりと体重を落としていくことができます。

夕食と置き換えるのが向いている人
  • 短期間で結果を出したい人
  • 食事が不規則で夕食が遅い人

晩ごはんは朝・昼の食事よりもしっかり摂るという方が多いようです。
そのため、夕食を置き換えることで大幅なカロリーカットが見込めるため、短期間ですっきりした身体に近づけます。

また、睡眠の直前に食事を摂ると眠りの質が下がり、太りやすくなることが知られています。
仕事の都合上、どうしても食事の時間が不規則になりがちな方は、夜置き換えが最適です。
低カロリーで栄養豊富な食品であれば、眠りの質を下げることはありません。

摂取カロリーを減らしすぎると逆効果

痩せるためには摂取カロリーを消費カロリーよりも下回るように設定しなければなりません。
しかし、いくらビタミンやたんぱく質などの栄養バランスが取れていても、カロリーを減らしすぎれば身体に悪影響を及ぼします。

1日の摂取カロリーを減らしすぎてしまうと、身体は生命を守るために脂肪を蓄えようとします。
その結果、いくら食べる量を減らしても体重が減らないどころか、反対に太ってしまうことにもなりかねません。

置き換えダイエットをする際は、1日1~2食までとし、少なくとも1食は通常通りの食事を摂るようにしてください。
減量中の女性は1日の摂取カロリーを1500kcal前後に設定し、それを下回りすぎることのないように注意しましょう。

置き換えダイエットの落とし穴「飽きる」を克服できる食品は?

減量を成功させるためには、ストレスなく続けられることが大切です。

ストレスには、

  • おいしくないけどガマンして食べる心理的ストレス
  • 食べ飽きた味を無理やり食べ続ける心理的ストレス
  • 必要な栄養素をバランス良く摂取できないことによる身体的ストレス

という、心理的・身体的の2種類があります。

そのため置き換え食品を選ぶポイントは

  • 種類や味が豊富
  • 栄養バランスが抜群

という2点をクリアしていなければなりません。
そこで、マイクロダイエットがおすすめです。

種類豊富な「マイクロダイエット」は置き換えダイエットに最適

マイクロダイエットはドリンクタイプだけではなく、リゾットやパスタ、スープなど種類が豊富です。
1日目はドリンク、2日目はリゾットなど、気分によって換えることができるので飽きずに長く続けられます。

さらに、1食分が170kcalしかないにもかかわらず、約50種類の栄養素を含んでいます。
ただ痩せるだけではなく、メリハリのある魅力的な体型になるために必要な要素をたっぷり含んでいます。

置き換えダイエットとは、1日の食事のうち1~2食を専用の食品に換える方法です。
種類が豊富で栄養バランス抜群のマイクロダイエットなら、ストレスなく理想体型に近づいていけます。