できるダイエット

40代女性の辛くない痩せ習慣!三日坊主のあなたにも出来る簡単に痩せる方法を紹介します。キツくない食事制限と運動、やる気を保つ方法が身に付けば、リバウンドしない痩せ習慣ができます。そして痩せ体質を加速させるダイエット食品も要チェック。

腸内環境改善サプリで痩せる!おすすめ成分と人気ランキングを調査

実は今、ハードな運動や厳しい食事制限を頑張るのではなく、太りにくく痩せやすい体作りに取り組んでいくダイエット方法があるのを知っていますか?

年齢や体質、遺伝的要因問わず、誰でも簡単に取り組めるダイエットとは、私たちの腸内環境を整える方法!

腸内環境改善を整えて痩せるメカニズム、薬に頼らないサプリの活用、覚えておきたいおすすめ成分など徹底調査しました!

腸内環境の良い・悪いが体型や体重に影響する!?

私たちのお腹に棲む100兆を超える腸内細菌叢は「腸内フローラ」(フローラ=お花畑)とも呼ばれています。
腸内フローラは、体にとって良い働きをしてくれる「善玉菌」と、体に悪い働きをしてしまう「悪玉菌」、さらにどちらか優勢の方の見方をする「日和見菌」の3種類が存在。
それぞれのバランスがとれた状態が「良い腸内環境」、逆にバランスが崩れた状態を「悪い腸内環境」と表現しています。

良い腸内環境とは?

良い腸内環境とは悪玉菌を抑えて善玉菌が優位な状態にさせ、日和見菌も良い働きをしてもらうバランスこそ、良い腸内環境。

  • 善玉菌 20%~30%
  • 悪玉菌 10%
  • 日和見菌 60%~70%

このようなバランスが最適となってきます。

良い腸内環境なら食べた物を適切に分解、吸収して不要物をスムーズに排出するため、便秘や下痢を予防しながら、溜め込まないスッキリとした体づくりにアプローチ。
さらに病原菌や毒素といった有害物質を排除する免疫機能のほか、体温調節、酵素やビタミンの生産など、健康的な身体作りを支えるのにも役立ってくれます。

悪い腸内環境とは?

バランスが乱れて「善玉菌」よりも「悪玉菌」が優勢になってしまうのが、悪い腸内環境と言える状態。

ウェルシュ菌や黄色ブドウ球菌といった悪玉菌は、腐敗を早めアンモニアや硫化水素、インドールといった有害物質を作り出す働きがあります。
また余分なものを溜め込みやすいため、下痢や便秘体質で悩まされることも多く、免疫力を弱めるのも見逃せない部分。

本来、ビタミン合成など良い働きをしてくれるはずの日和見菌も、優勢な悪玉菌を手助けするために有害物質を作り出す状態となってしまいます。

腸内環境が体型に!?デブ菌・ヤセ菌の話

学術誌ネイチャーやサイエンスにも掲載された、アメリカミズーリ州にあるセントルイス・ワシントン大学が発表した論文。

それは、肥満者の腸内フローラは脂肪を溜め込みやすい状態であり、痩せている人の腸内菌を増やしたら、肥満体型が改善されたというものでした。
参考:http://science.sciencemag.org/content/341/6150/1241214

この肥満体型の人に多い、ファーミキューテス門を「デブ菌」そして、スリム体型の人に多いバクテロイデス門を「ヤセ菌」と表現し話題になりましたが、ヤセ菌を増やして痩せるのは、短鎖脂肪酸がポイント。
短鎖脂肪酸は脂肪の蓄積を抑制し代謝を促進し、脂肪燃焼や基礎代謝を高めて肥満を防ぐ効果をもっているのです。

ヤセ菌には、この短鎖脂肪酸を作り出す能力をもっているので、腸内フローラを整える取り組みがダイエットに役立ってくれます。

ダイエットだけじゃない!?腸内環境の影響力

腸内環境が乱れた状態は、太りやすく痩せにくい体質になるだけではありません。
便秘や下痢対策に悩まされるだけではなく、肌荒れやむくみなど美容面にも悪影響を及ぼす可能性があるのです。

さらに、がん細胞に対抗する免疫細胞の7割は腸にあり、悪玉菌「アリアケ菌」は細胞を老化させるDCA(デオキシコール酸)を排出し、発がん性物質を作り出す引き金と言える存在。
さらに現在では、短鎖脂肪酸の減少によりインスリンの分泌も減るため、糖尿病との関係性も注目されています。

善玉菌を増やし悪玉菌を減らす腸内環境ケアは、美容や健康面でも欠かせない取り組みです。

良い腸内環境に整えるのはどうしたらいいの?

健康的でキレイに痩せるダイエットに取り組むため、腸内環境を整えるなら「食事」が重要ですが、そ良い腸内環境をサポートする「運動」も見逃せない部分。

ですが、腸内環境を整えるのに役立つ理由や、そのやり方を調査してみると、かなり大変な取り組みと言うのがわかりました。

食生活で腸内環境を整えるには?

食生活では善玉菌を増やし、腸のぜん動運動を活発にさせる食材を摂取するのがおすすめ。
善玉菌の代表でもある乳酸菌やビフィズス菌に加え、スッキリ成分の食物繊維や、消化を助けるダイエット成分の酵素なども摂取していくのが良いでしょう。

ただし、これら腸内環境を整えるのに役立つ成分には弱点があります。

  • 乳酸菌
    60度前後では時間が経つと死滅
  • ビフィズス菌
    50度を超えると死滅
  • 水溶性食物繊維
    水溶性は水分を使った調理で溶けやすい
  • 不溶性食物繊維
    水分を奪うため、便秘になりやすくなる
  • 酵素
    48度以上の加熱処理で活性を失う

加熱処理菌体の死菌や死活した酵素もけしてムダにはなりませんが、ダイエットで効率よく生きた菌や酵素を摂取したいなら避けるべき成分。

毎日の食事で、加熱や水分を意識した調理方法で食べ続けるのは大変です…。

運動で腸内環境を整えるには?

有酸素運動は、全身に酸素をめぐらせて血行を促進するため、自律神経の調整や腸の活性化など、腸内環境を整えるのに役立ってくれます。
短い時間で乳酸を消費させるハードな無酸素運動と違って、少ない運動量で時間をかけて酸素を使う有酸素運動は、日頃、体を動かすのが苦手な人にも続けやすいのが魅力的。

ウォーキングや踏み台昇降、縄跳び、ストレッチ、水泳などが有酸素運動ですが、脂肪燃焼のダイエット効果まで期待するなら30分以上継続しなければいけません。
腸内環境を整える目的でも継続的な取り組みが必要なので、続けるのは大変です…。

食事も運動も体調を整えるには必要なことですが、毎日忙しい働き盛り世代にはハードルが高いです。
そこで注目されたのが、より手軽に腸内環境の改善に取り組めるサプリメントの活用です!

注目を集めた「腸内環境改善サプリ」の活用

腸内環境改善サプリメントは乳酸菌飲料とは違い、美容やダイエットに役立つ菌タイプや菌数、菌種が厳選されているのが魅力的。
ただ善玉菌を増やすだけでなく、健康的でキレイに痩せる減量をサポートしてくれます。

また定期購入や定期コース価格では、通常価格から割引された商品も多いため、コスパも抜群!

  • ダイエット目的の腸内環境ケアに取り組める
  • サプリだから毎日の生活にプラスするだけ
  • 体質を改善する方法は、リバウンド対策にも
  • お得な割引やキャンペーンでコスパも抜群
  • ダイエット効果以外の実感力も口コミで絶賛

ダイエット効果はもちろん、無理なく続けられる手軽さや続けやすさも魅力的です。

腸内環境改善サプリのおすすめ成分7選

腸内環境改善サプリでおすすめの成分と、期待できる効果や効能をまとめました。

腸内環境改善成分1:
乳酸菌

乳酸菌には、漬物などの発酵食品に使われる「植物性乳酸菌」と、ヨーグルトの発酵や乳製品に使われる「動物性乳酸菌」がありますが、生きたまま腸に届きやすい植物性乳酸菌は、乳酸菌生産物質を活用したダイエットで大注目。

独自に発見した機能性乳酸菌が多くあるため、色々な名称の乳酸菌が存在しています。

プロテクト乳酸菌

サントリーが京漬物から発見した乳酸菌。
インフルエンザなどのウイルス感染をブロックする免疫力サポートしてくれます。

リフレクト乳酸菌

日清食品ウェルネスが発見した別名T-21株
アレルギーを抑制するインターフェロンyを増加させ、インターロイキン12の生産をサポートする、1度で数千億個の摂取が可能。

ラブレ菌

カゴメが発見した植物性乳酸菌は、京都の漬物「すぐき」から発見された乳酸菌。
別名、カゴメ植物性乳酸菌。

ガセリ菌

雪印が発見した乳酸菌。
ガセリ菌SP株はヒト由来の乳酸菌で、生きて腸まで届き内臓脂肪を減らす効果が期待できます。

フェカリス菌

新型乳酸菌。
加熱殺菌されていても効果があるタイプで、一度に大量摂取が可能。

クレモリス菌FC株

フジッコが発見した乳酸菌。
生きて腸まで届くプロバイオティクス乳酸菌で、整腸作用や血糖値の上昇抑制、中性脂肪の低減といった効果が期待できます。

ラクリス-S

三菱ケミカルフーズが発見したラクリス-Sは、食用タイプの有胞子性乳酸菌。胃酸で死滅せず生きたまま腸官へ届き、腸の中で胞子乳酸菌が乳酸発酵します。

◆乳酸菌が配合されたおすすめサプリ

⇒「YOUGANIC(ユーガニック)
⇒「スルスルこうそ
⇒「酵水素328選生サプリメント

腸内環境改善成分2:
ビフィズス菌

乳酸菌と同じく善玉菌の代表とも言えるのが、ビフィズス菌。

中でも、森永乳業が発見したビフィズス菌B-3(ビフィズス菌ビースリー)は体重や体脂肪の減少に期待でき、内臓脂肪と皮下脂肪の両方にアプローチできます。

熱に弱い弱点があったものの耐熱性ビフィズス菌も増え、糖鎖を分解する働きをもつビフィズス菌は、ダイエット目的の腸内環境ケアで積極的に摂りたい菌です。

◆ビフィズス菌が配合されたおすすめサプリ

⇒「スマートガネデン乳酸菌

腸内環境改善成分3:
短鎖脂肪酸

ヤセ菌が作り出す短鎖脂肪酸には、優れたダイエット効果がありますが直接、短鎖脂肪酸を身体の中に摂り入れても、時間とともに威力が低下してしまいます。
そのため、短鎖脂肪酸を作り出す能力に優れた酪酸菌の摂取がおすすめです。

◆酪酸菌が配合されたおすすめサプリ
⇒「ラクビ」

腸内環境改善成分4:
オリゴ糖

オリゴ糖は小腸で吸収されることができないのが特徴的で、消化する酵素が体内にないため、吸収されずに大腸まで届く糖分です。
大腸に棲む善玉菌のエサとなってくれるため、腸内環境を整えるのに摂りたい成分と言えます。

◆オリゴ糖が配合されたおすすめサプリ
⇒「みやびの植物酵素100

腸内環境改善成分5:
食物繊維

食物繊維は消化や吸収が悪く昔は不要な成分として扱われていましたが現在、6大栄養素として名を連ねている存在。
保水性に優れた不溶性食物繊維は、腸のぜん動運動を活発にして排出をサポートし、粘性のある水溶性食物繊維は、糖質の吸収を緩やかにし血糖値の上昇を抑えてくれます。

◆食物繊維が配合されたおすすめサプリ
⇒「こうじ酵素

腸内環境改善成分6:
酵母菌

微生物の仲間である酵母は、糖質を分解する働きがあり味噌や醤油といった発酵食品や日本酒にも使われているもの。
体内では有機物に含まれる糖質を分解する働きがあるので、腸の働きをサポートするだけでなく、余分な糖質の吸収を防ぐダイエット効果も期待できます。

◆酵母菌が配合されたおすすめサプリ
⇒「プレミアム酵母

腸内環境改善成分7:
酵素

食べ物に含まれる酵素は消化する働きがあるため、腸内での消化活動を手助けするのに役立ってくれます。
さらに、体内の酵素は消化酵素だけでなく、基礎代謝や脂肪燃焼に必要な代謝酵素にも使われるため、加齢により減少していく代謝酵素の確保にも有効。
酵素ダイエットでもお馴染みの酵素は、腸内環境改善ケアでも欠かせない存在です。

◆酵素が配合されたおすすめサプリ
⇒「こうじ酵素
⇒「スルスルこうそ
⇒「酵水素328選生サプリメント
⇒「みやびの植物酵素100

腸内ケアサプリが向いている人

配合されている成分の効果効能から、腸内環境改善サプリが向いている人をまとめてみました!

腸内環境改善サプリが向いている人

  • ハードな運動や厳しい食事制限はしたくない
  • 年齢を重ねるごとに、痩せにくく太りやすくなった
  • 健康や美容も意識したダイエットを始めたい
  • 無理なダイエットで体調を崩した経験がある
  • 変化や実感力のあるダイエットなら、続けられる

人気の腸内環境改善サプリ厳選ランキング!

口コミでおすすめされているダイエット商品から、腸内環境改善サプリをランキング形式で厳選したので、ぜひ参考にしてみてください!

こうじ酵素

ビタミンやミネラルが豊富な七殻米を麹菌で発酵させた「こうじ酵素」は、独自技術で水分を蒸発させ一時休眠させた酵素が特徴的。水で再び酵素が活性してくれるサプリです。

スマートガネデン乳酸菌

数ある種類の中から、ダイエットに役立つ生きた乳酸菌を厳選配合した「スマートガネデン乳酸菌」は、アミノ酸やビフィズス菌も含まれているこだわりのサプリです。

YOUGANIC(ユーガニック)

「ユーガニック」には食物繊維や乳酸菌、さらに代謝アップのカリウムや美容成分も含まれているので、全身キレイを目指した腸内環境ケアに取り組めます。

プレミアム酵母

デブ菌を減らすために、生きている酵母菌を特殊製法で配合した「プレミアム酵母」は、1包で約200億個もの生きたスーパーヤセ菌が補えるアイテムです。

スルスルこうそ

管理栄養士、全面監修の「スルスルこうそ」は、食物繊維やミネラルを含む小麦発酵エキスに加え、80種類もの野草発酵エキスも含まれているので腸内環境ケアにぴったりのサプリです。

酵水素328選生サプリメント

業界最多クラスの酵素配合数となっている「酵水素328選生サプリメント」は、芸能人の成功者も多く、乳酸菌に加えて不足しがちなビタミンも補えるサプリメントです。

みやびの植物酵素100

「みやびの植物酵素100」は有胞子性乳酸菌やビフィズス菌、オリゴ糖、食物繊維、酵素と腸内環境のケアに役立つ成分がぜいたくに配合されたカプセルタイプのサプリです。

ダイエットサプリおすすめランキング→

更新日:

Copyright© できるダイエット , 2018 AllRights Reserved.

https://ican-diet.com
スーパーフード美人赤汁