できるダイエット

40代女性の辛くない痩せ習慣!三日坊主のあなたにも出来る簡単に痩せる方法を紹介します。キツくない食事制限と運動、やる気を保つ方法が身に付けば、リバウンドしない痩せ習慣ができます。そして痩せ体質を加速させるダイエット食品も要チェック。

脂肪燃焼サプリのおすすめランキング!ダイエットに効く成分はどれ?


ダイエットを始めて、今ある体にこびりついた脂肪を燃やして体重を落としたい!

美容や健康を意識した全身キレイを目指すダイエットに、脂肪燃焼は欠かせません。

ですが、いきなり「ハードな運動を毎日続けて頑張りましょう!」なんて言われても、尻込みしちゃいますよね。

実は、脂肪燃焼のメカニズムや効率よくメラメラと燃やす方法を知ると、手軽に無理なく続けるヒントが見えてきます!

そこで今、話題の燃焼系ダイエット成分から人気商品まで、徹底調査しました!

脂肪燃焼の仕組みを知ると痩せる方法が一目瞭然!

脂肪を燃焼させたいなら、まず脂肪や燃やすメカニズムを知るのが、ダイエットを成功させる第一歩!

より効率よく確実に痩せるヒントが掴めるだけでなく、将来を意識した健康の考え方について見直すきっかけも手に入れることができます。

脂肪が増えるとなぜ体重が増えるのか?

体の脂肪は、体を動かすエネルギー源に使われたり、体温を保護する役割があるので、実はとても大切な存在。
ですが、体の脂肪は増えれば増えるほど良い…とは言えず、余分な脂肪が蓄積されれば、体重は増加してボディラインも崩れ、太って見えてしまいます。

少し複雑な話ですが、脂肪細胞には「褐色脂肪細胞」と「白色脂肪細胞」2種類あり、「褐色脂肪細胞」はミトコンドリアが多く存在しているのが特徴的。

このミトコンドリアは脂肪酸を取り込んでエネルギーに変換するため、脂肪を燃やす働きがあります。脂肪だけれど、脂肪を燃やす働きがあるのは意外ですよね。

ですが、この褐色脂肪細胞は脂肪細胞のうちわずか1%程度で、幼児期の生命活動に使われるのが主な目的。成人になると減少していくのです!

かたや「白色脂肪細胞」は、体内に入った余分なカロリーを中性脂肪として蓄える働きをもっています。

タンパク質や炭水化物、脂肪をブドウ糖と脂肪酸に変えて、それをもとに脂肪が合成されていきますが、分解以上に合成がされると、どんどん脂肪細胞が太り体に蓄積されてしまうのです。

また、加齢とともに代謝機能や内臓機能、さらには脂肪燃焼に必要な体内酵素も減少していくのも見逃せないポイント!

遊離脂肪酸に分解しなければ消費されない白色脂肪細胞は、蓄積されやすいのです。

毎日、同じ生活を続けているだけでも脂肪が蓄積しやすく、体重もどんどん増えやすくなってしまいます。

まさにメラメラ!?脂肪燃焼のメカニズム

ダイエットでは、余分な脂肪を燃焼させるのがポイントですが、脂肪燃焼とは脂肪を解かしたり潰したりして「脂肪が消える」という意味ではありません。

脂肪をエネルギー源として活用する「燃料」のようなイメージで、脂肪を分解して使ってあげることで燃焼させていくのです。

そのため脂肪を燃焼させるには長時間の運動など、エネルギーが必要な状態を作り出すのが必要となってきます。

運動を続けると、まず血液中のブドウ糖がエネルギーとして使われるのですが、長時間消費されると血糖値が下がることに。
そこで下がった血糖値を安定させようと、体内では「グルカゴン」というホルモンが分泌されます。

このグルカゴンから指令を受けて、脂肪分解酵素「リパーゼ」が活性化すると、中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解してくれるのです。

この分解された「遊離脂肪酸」は血液中に放出され、全身の筋肉でエネルギーとして燃焼されるようになります。

これが脂肪燃焼のメカニズムですが、簡単にまとめると…

長時間の運動で、通常使われるエネルギーを使い切る
 ↓
体内に蓄積された脂肪を分解して、エネルギーに変換させる
 ↓
運動を続けて、脂肪から変換されたエネルギーを使い切る

このようなステップで脂肪を燃焼させていますが、実際は色々な体内での指令や分泌、活性化など段階を踏んで脂肪が燃焼されていくもの。

また運動をストップすれば、変換されたエネルギーは脂肪に戻ってしまうので「誰でもすぐ簡単に脂肪燃焼できる」とは言いにくいかもしれませんね。

太るだけじゃない!?脂肪増加のリスク

「やっぱり脂肪を燃焼させるダイエットって大変そう」

なんて感じてしまう人もいるかもしれませんが、脂肪が増えるのは太るだけではありません!

直接、体内で脂肪が増えたから肌にニキビや吹き出物が出てしまうことはありませんが、脂肪増加の原因を考えると、乱れた食生活や運動不足、寝不足など生活環境の悪化が当てはまるので、肌荒れを引き起こしやすい状況です。

また、運動不足による脂肪増加が続けば筋力の低下にもつながるため、骨や関節に負担がかかり、関節障害や骨折を引き起こすことも。
さらに、無呼吸症候群をはじめ糖尿病や高血圧、脂質異常症 生活習慣病といった病気のリスクも高まる恐れがあります。

ダイエットはもちろん、美容と健康から考えても脂肪燃焼は大切な取り組みと言えるでしょう。

かなり大変!?脂肪をメラメラと燃やす方法

脂肪燃焼のメカニズムから考えると直接、脂肪を燃やす方法としては「運動」が1番。

ですが、それ以外にも脂肪を燃焼させる体作りに必要な「食事」「睡眠」さらに今、話題の「腸内環境」なども見逃せない部分。

それぞれ脂肪を燃やすのに役立つ理由や具体的な方法を調べてみると、かなり大変な取り組みというのがわかりました。

運動

脂肪燃焼に欠かせないのが体を動かす運動ですが、長時間の運動といってもアスリートのようなハードなメニューでなくても大丈夫です。

酸素を使って、継続的に筋肉を使っていく「有酸素運動」は、弱い力でも問題ないのが特徴的。
ウォーキングやエアロビ、縄跳びなど比較的、誰でも続けやすいものとなっています。
約20分~30分までで血中の脂肪が使われ、その後内臓や皮下脂肪が使われていくので、30分以上の運動を意識しましょう。

逆に短距離走や筋トレなど、短時間で筋肉内のグリコーゲンという糖質を使った運動が「無酸素運動」です。

糖質が使われるので、無酸素運動を30分以上続けたからといって、脂肪が燃焼されることはありませんが「無酸素運動はしなくて良い」とは言えません。

無酸素運動は成長ホルモンの分泌から骨や筋肉を成長させ、結果的に脂肪分解に役立つものとなっています。

運動メニューで脂肪を燃焼させるなら…

脂肪は1gあたり9kcalで、水分を考慮して体重を1kg落とすには約7,200kcalの消費が必要です。

体重の違いも影響してきますが、仮に体重50kgの女性で計算すると…

  • 激しいダンスで消費するなら約25時間
  • サイクリングで消費するなら約40時間
  • ウォーキングで消費するなら約40時間
  • 平泳ぎで消費するなら約14時間
  • クロールで消費するなら約7時間
  • 縄跳びで消費するなら約15時間

これだけの時間、運動をしなければならず、かなり大変です…。

食事

ダイエットで食事を見直すなら、摂取カロリーを抑えるのを意識しがち。
ですが、脂肪燃焼のサポートで考えると骨や筋肉を作り出す、栄養バランスを意識した食事を心がけるのが重要です。

また、かつて貧困時代に起こった栄養失調は、すっかり昔の話のように感じますが今「新型栄養失調」という新しいタイプの栄養不足が懸念されています。

それは、炭水化物や糖質など中心の食生活が充実しすぎた結果、カロリーは満たされているものの、タンパク質やビタミン、ミネラルといった栄養素が不足しているというもの。

とくにタンパク質は筋肉を作るのに欠かせない栄養素なので、幅広い栄養バランスを意識した食生活の見直しが必要となってきます。

カロリー調整で脂肪を燃焼させるなら…

1日の摂取カロリーは成人女性の場合、2,000kcalです。
タンパク質や脂質、炭水化物のほか食物繊維やビタミン、ミネラルも意識した3食のメニューを考えるなら…

(http://www.foodmodel.com/category04/as_10.html)

このように、毎食しっかりと食事をとっていくのが必要。

ただし、ダイエットを意識するなら脂質を抑えるのに加え、健康を考えて食塩も抑えるべき…など考えると、外食ではなく自炊中心の食生活が必須な状態。

毎日の食事で都度、食材の準備や調理、レシピを調べるとなるのは、かなり面倒です…。

睡眠

睡眠時に分泌される「摂食ホルモン」が肥満に影響を与えるという説があり、睡眠不足で肥満になっている調査結果もありますが、今はまだ明確な因果関係が掴めていないのが現状です。

ですが睡眠は、脂肪燃焼に欠かせない筋肉の修復や内臓機能の休息など、脂肪を燃やしやすい体作りには欠かせない時間でもあります。

また、寝不足が続くのは翌朝、疲れが抜けずに引きずったり、夜更かしをして夜食や間食が増えてしまったり、太りやすい環境に陥りやすいのも事実。

美容や健康面から考えても、質の良い睡眠をしっかりとるのが大切ですが、とくに脂肪燃焼やダイエットで考えるなら、眠りの深いノンレム睡眠に注目してみましょう。

ノンレム睡眠を意識して脂肪燃焼を高めるなら…

質の良い睡眠と聞けば、最適な時間から寝始めてたっぷり睡眠時間をとるのをイメージしがち。

ですが実は、睡眠中も眠りの浅い「レム睡眠」と眠りの深い「ノンレム睡眠」の2パターンに分かれるのです。

成長ホルモンの分泌や細胞の修復を行っているノンレム睡眠は4段階あり、レム睡眠と交互にパターンを繰り返して、目覚めていくのが質の良い睡眠となってきます。

(http://report.ajinomoto-kenko.com/suimin/nayami.html)

1段階あたり90分ほどの周期と言われているので、だいたい7時間~8時間の睡眠時間が必要となってきますが、いくら長く寝ても眠りが浅ければ意味がありません。

ノンレム睡眠の深さも意識した睡眠を毎日、続けていくのは、かなり難しいですね…。

腸内環境

ダイエットでは腸内環境に注目した「でぶ菌」「やせ菌」が最近、話題となっています。
余分な栄養素や老廃物を溜め込みやすい腸内細菌(でぶ菌)を減らし、逆に溜め込みにくいタイプの腸内細菌(やせ菌)を増やすのが目的。

ですがこの腸内環境を整えるのは、脂肪燃焼のサポートにも見逃せないポイントとなってきます。
乳酸菌やビフィズス菌などで善玉菌を増やし悪玉菌を減らすのは、血糖値の上昇や食欲を抑制したり、内臓脂肪の蓄積を抑えるのに役立つのです!

また、腸内環境を整えるのは、酵素の生成や代謝機能のサポートにも関係してくるので、これも脂肪燃焼に良い影響を与える部分でもあります。

ですが、腸内環境を整えるのは「食事」だけでなく「運動」や「睡眠」など、どれも密接に関係しているので、同時ケアが必要と言えるでしょう。

注目を集めた「脂肪燃焼サプリ」の活用

そこで注目されたのが、より手軽に脂肪燃焼アップに取り組めるサプリメントの活用です!

燃焼系サプリメントといってもカロリーカット系や脂質カット系、酵素系、腸内環境改善系の配合成分も多くあり、幅広いアプローチでダイエットに役立つ存在となってくれます。

また定期コースやトク便など活用すれば、コスパも良く続けられるのが魅力的

  • 脂肪燃焼のサポートが手軽にできる
  • 薬と違って副作用や長期使用の危険性がない
  • 飲むだけだから簡単で、誰でも続けやすい
  • お得なサービスやコスパも重視されている
  • ダイエット効果を実感する口コミが多い

期待できる効果効能はもちろん手軽さや続けやすさ、コスパなどのメリットがあるのも魅力的です。

脂肪燃焼サプリのおすすめ成分15選

脂肪燃焼サプリでおすすめの成分と、期待できる効果や効能をまとめました。

1.リポサンウルトラ

アメリカの特許成分でもあるリポサンウルトラは、甲殻類の殻から抽出された原料を基に作られた成分。
食べ物で摂取した脂肪や体内の脂肪を吸着し、ゲル状にして体外に排出させる働きがあるため、脂肪を溜め込まないアプローチに役立ってくれます。

⇒「CUTE ME」にはリポサンウルトラが配合されています!

2.コレウスフォルスコリ

糖の吸収を抑え、直接脂肪細胞に作用して燃焼を働きかけて、エネルギーのために分解した脂肪を血液中に放出するコレウスフォルスコリ。
酵素リパーゼを活性化する「アデニル酸シクラーゼ」が含まれているので、脂肪燃焼の効率を高めてくれる成分です。

⇒「Queens Slim」にはコレウスフォルスコリが含まれています!

3.アミノ酸

運動時に摂取すると脂肪を燃焼してくれる必須アミノ酸「BCAA」をはじめ、フェニルアラニンやアルギニン、リジン、プロリンといったアミノ酸は、脂肪分解酵素リパーゼの働きを活発にしてくれます。
また、アミノ酸は基礎代謝を高める体作りにも役立つ成分です。

⇒「肥後すっぽんもろみ酢」にはアミノ酸が豊富な黒酢がメイン成分です!

4.カプサイシン

カプサイシンは、摂取した脂肪を効率よく分解する働きがありますが、単体摂取では意味がなく、有酸素運動をする際に効果を最大限発揮できる成分。
脂肪燃焼のスピードを高めるアプローチに有効なので、適度な運動と組み合わせた活用におすすめです。

⇒「スリムバーン」にはカプサイシンが含まれています!

5.カルニチン

筋肉に多く含まれるカルニチンは、脂肪をエネルギーに変換させて脂肪燃焼効果に必要な成分。
もともと肝臓で合成されるものの、加齢により合成力は低下していきます。
ダイエット目的なら、活性をもたないD-カルニチンよりも、活性をもつL-カルニチンがおすすめです。

⇒「コレスリム」はカルニチンが配合されたサプリメントです!

6.クロロゲン酸

クロロゲン酸は、コーヒーに含まれるポリフェノールで抗酸化力があり、中性脂肪の蓄積や糖の生成、吸収を抑える働きに加え、血糖値の上昇を抑えるのも注目されている成分。
これから脂肪を増やさない身体作りや、脂肪燃焼ダイエット中に摂りたい成分と言えるでしょう。

⇒「コレスリム」のサプリメントはクロロゲン酸も含まれています!

7.ギムネマ酸

ギムネバ・シルベスタが主成分のギムネマ酸は、科学的構造が似ているブドウ糖の代わりに結合して、ブドウ糖の吸収をブロックすることが可能。
また小腸の活動をサポートするので、便秘解消、血行促進、代謝アップなど脂肪燃焼のサポートにも有効です。

⇒「デュアスラリア」はギムネマ酸が成分に配合されています!

8.ブラックジンジャー

ブラックジンジャーには、ポリフェノールだけでなく、肥満細胞を抑制する働きがあるクリシンや、アミノ酸も豊富に含まれている成分。
また生姜は、女性特有の悩みで多い冷えの改善にも使われているように、美容と健康を意識したダイエットで役立ってくれます。

⇒「スリムバーン」にはブラックジンジャーが含まれています!

9.葛の花由来イソフラボン

「体重やお腹の脂肪、ウエスト周囲経を減らす」という効果の記載ができる葛の花由来イソフラボンは、臨床試験結果による脂肪減少データがあるため、今注目されている成分。
原料は、秋の七草や葛湯でもお馴染みのマメ科の植物ですが、脂肪合成の抑制や分解、燃焼をサポートしてくれます。

⇒「シボヘール」は葛の花由来イソフラボン配合の機能性表示食品です!

10.コエンザイムQ10

美容成分でもお馴染みのコエンザイムQ10は、脂肪燃焼のサポートにも有効な成分。
有酸素運動で脂質やたんぱく質をエネルギーに変換させる際、コエンザイムQ10はミトコンドリア内の糖質や脂質、タンパク質の合成物質をエネルギー源にするサポート力があります。

⇒「Queens Slim」はコエンザイムQ10も含まれたサプリです!

11.黒胡椒抽出物

ヒハツも含まれている黒胡椒抽出物は、スパイスだけでなく脂肪燃焼にも役立つ成分が含まれているのが特徴的。
中でも、辛み成分のピペリンには、血管を拡張させ体温や代謝を高めたり、脂肪を燃焼させるサポートになってくれるのです。
アメリカではバイオペリンという名称で特許取得されています。

⇒「黒しょうが+5つの黒スリム」に黒胡椒抽出物が配合されています!

12.パントテン酸カルシウム

パントテン酸はビタミンB群の一種で脂質や糖質、タンパク質を分解しエネルギーを作り出すのに役立つ成分。
直接分解するのではなく、分解する酵素に働きかける補酵素として脂肪燃焼をサポートしてくれます。
またパントテン酸にカルシウムがつくことで、水溶性の効果を高めています。

⇒「CUTE ME」では、パントテン酸カルシウムを補うことができます!

13.サラシア

通常糖は、唾液の消化酵素で二糖類、腸の消化酵素で多糖類に分解され、小腸から吸収されていきますが、エネルギーとして消費されないと脂肪に変わってしまいます。
サラシアは多糖類を生成させないようにし、吸収されることなく大腸へ運ばせるため、糖の分解を抑えて吸収を防ぐことが可能です。

⇒「黒しょうが+5つの黒スリム」には、サラシア成分も配合されています!

14.難消化性デキストリン

デンプンの一種、デキストリンの消化しにくい難消化性デキストリンは、水溶性の食物繊維。
糖の吸収スピードや血糖値の上昇を抑え、内臓脂肪や中性脂肪を減らすアプローチに役立つのに加え、整腸作用もあるので、脂肪燃焼しやすい体作りに使える成分として、トクホ飲料で多く活用されています。

⇒小林製薬「乳酸菌 食物繊維 センナ茎」では難消化性デキストリンも含有

15.共役リノール酸

血中の悪玉コレステロールを抑える不飽和脂肪酸の一種の共役リノール酸は、過酸化脂質を抑制、脂肪燃焼に役立つ成分。
植物油に多く含まれるリノール酸に対し、共役リノール酸は乳製品や肉類に含まれ、体内では生成されないタイプのため食事やサプリで補うのが有効です。

⇒DHCサプリ「共役リノール酸」は、共役リノール酸がメインのサプリです

燃焼系サプリが向いている人

配合されている成分の効果効能から、脂肪燃焼サプリが向いている人をまとめてみました!

燃焼系サプリが向いている

  • 適度な運動でも、脂肪燃焼効果をアップさせたい
  • 仕事柄、外食や飲み会が多く、食生活が乱れやすい
  • 今ある脂肪の燃焼だけでなく、脂肪をつきにくくしたい
  • 手軽で無理なく続けられるダイエットを始めたい
  • スポーツジムや運動器具などにお金をかけたくない
  • ダイエットは変化や実感力で、モチベーションを維持したい

人気の脂肪燃焼サプリ厳選ランキング!

口コミでおすすめされているダイエット商品から、脂肪燃焼サプリをランキング形式で厳選したので、ぜひ参考にしてみてください!

CUTE ME

リポサンウルトラやコレウスフォルスコリの他、パントテン酸カルシウムも配合されている「CUTE ME」は、日本ダイエット健康協会が認めたトリプル特許成分のサプリです。

肥後すっぽんもろみ酢

黒酢の312倍ものアミノ酸が含まれている「肥後すっぽんもろみ酢」は、1袋に60匹分もの熊本県産高級すっぽんが配合された、高品質なサプリメントです。

Queens Slim

コレウスフォルスコリやコエンザイムQ10、必須アミノ酸BCAAなどが配合されている「Queens Slim」は、女性らしい筋力アップと脂肪燃焼を意識した運動に役立つサプリです。

コレスリム

L-カルニチンやギムネマシルベスタ、クロロゲン酸が豊富なグリーンコーヒーを含む「コレスリム」は、栄養チャージとスタイルキープも意識した脂肪燃焼対策に取り組めます。

デュアスラリア

L-カルニチンやカプサイシン、胡椒、ギムネマシルベスタが配合されている「デュアスラリア」は、燃焼とブロックの同時アプローチで、健康的に美しい体作りに役立つサプリです。

スリムバーン

ブラックジンジャーやカプサイシンが含まれている「スリムバーン」は、燃えにくい体をメラメラボディに切り替えて、運動による脂肪燃焼効果を高めてくれるサプリです。

黒しょうが+5つの黒スリム

胡椒やコエンザイムQ10、サラシアが配合されている「黒しょうが+5つの黒スリム」は、食べるのを我慢せずに運動で、効率よく脂肪を燃焼させる成分が配合されたサプリです。

シボヘール

葛の花由来イソフラボンが含まれている「シボヘール」は体重やお腹の脂肪、ウエスト周囲経を減らす臨床試験データが得られている、機能性表示食品のサプリメントです。

ダイエットサプリおすすめランキング→

更新日:

Copyright© できるダイエット , 2018 AllRights Reserved.

https://ican-diet.com
スーパーフード美人赤汁