できるダイエット

40代女性の辛くない痩せ習慣!三日坊主のあなたにも出来る簡単に痩せる方法を紹介します。キツくない食事制限と運動、やる気を保つ方法が身に付けば、リバウンドしない痩せ習慣ができます。そして痩せ体質を加速させるダイエット食品も要チェック。

食欲抑制サプリの市販品ランキング!ダイエット効果から安全性まで調査

ダイエットに取り組むなら基礎代謝を上げたり運動で消費カロリーを増やして、体脂肪や中性脂肪を落としていくのが効果的。
ですが、体を動かすのが苦手な人にはとっても大変でツラいものですよね。
そこで、より手軽に摂取カロリーを抑えるための食欲制限サプリに注目が集まっています。

食欲抑制サプリが向いている人

  • 食事制限やカロリー調整はストレスが溜まる
  • ハードな運動をする以外の方法で痩せたい
  • 効果も期待でき、安全性の優れた減量方法が良い
  • 仕事柄、外食やお付き合いの飲み会が多い
  • 実感力のあるダイエットは、モチベが上がる

コチラに一つでも当てはまる方は、次の食欲抑制ダイエット効果が期待できる、市販品サプリをおすすめします。

食欲抑制サプリ人気おすすめランキング!

コレスリム

ダイエットサプリ「コレスリム」
「コレスリム」は、高濃度のコーヒークロロゲン酸やギムネマシルベスタに加え、メラメラサポート成分のLカルニチンなども配合。食事制限や運動を頑張っても効果が出ない人の心強いパートナーとして役立つサプリです。

有効成分ギムネマシルベスタ
高濃度のコーヒークロロゲン酸

プレミアム酵母

プレミアム酵母
グルコマンナンも含まれた「プレミアム酵母」は、お腹の中で膨れ上がる特徴がありますが、酵母ペプチドDNF10も配合されているので、ストレスなく自然に腹八分目のセーブが可能。
ダイエットに不足しがちなビタミンやミネラルも、しっかりチャージできるサプリです。

有効成分グルコマンナン
酵母ペプチドDNF10

カロリナ酵素プラス

カロリナ
臨床評価試験を実施している「カロリナ酵素プラス」は、特許成分のガーシトリンが含まれていますが、推奨量を配合している証のロゴが記載されている高配合のサプリ。
さらに、血糖値の上昇や脂肪燃焼作用のあるサラシアも含まれています。

有効成分ガーシトリン
リポサンウルトラ

デュアスラリア

デュアスラリア
“燃やす”と“抑える”のサイクルに注目した「デュアスラリア」は、ギムネマシルベスタだけでなく、血糖値を一定に保ち空腹感を抑えるのに役立つガルシニアも配合。
加えて、炭水化物の吸収を抑える白インゲン豆も含まれているので、徹底ケアができるサプリです。

有効成分ギムネマシルベスタ
ガルシニア

大人のカロリミット

ファンケルの大人のカロリミット
テレビCMでおなじみファンケルの「カロリミット」シリーズ。代謝アップの5成分により、「日常活動時における脂肪を代謝する力を高める」「食事の糖の吸収を抑える」「食事の脂肪の吸収を抑える」の3つの機能を持った、ぽっちゃりさんに嬉しい商品です。

有効成分ギムネマ酸
桑の葉由来イミノシュガー
エピガロカテキンガレート
キトサン
インゲン豆由来ファセオラミン

気になるサプリはありましたか?
医薬品ではないので安全性が高く、気軽に試すことができますよ。

食欲の仕組みを知ると、痩せる方法がわかる!?

三大欲求のひとつとも言われる食欲は、人間が生きていくために欠かせないもの。
スポーツ選手や格闘家、さらには撮影前の俳優さんなどハードな食事制限をすることがありますが、もちろん一時的なもので長期間食事をとらなければ生きていけません。

元々食欲は脳や筋肉、血液など体全体の活動によってコントロールされています。
食欲がわくのは、簡単に言うとお腹が減っている状態ですが、これは血糖値の低下がきっかけ。
体内のエネルギーが消費されると血糖値が低下し、脂肪酸を分解してエネルギーを作り出そうとするのです。
脂肪を分解すると遊離脂肪酸ができますが、この遊離脂肪酸が血液中に増えると摂食中枢に送られて空腹感を抱くようになり、これこそ食欲がわいてくるメカニズム。

そして、食事をとると血糖値が上昇して、血液中のブドウ糖濃度も上昇し、これが満腹中枢に伝えられてエネルギーの確保ができたと脳が認識すれば、満腹感を抱き食欲が抑えられた状態になります。

ストレスや寝不足など食事以外でも食欲に影響!?

食欲の仕組みは食事だけではなく、毎日の生活でも大きな影響を与えています。

例えば、食欲をコントロールしている摂食中枢と満腹中枢が存在しているのは、脳の視床下部という部分。
視床下部は自律神経もコントロールしているので、ストレスやイライラ、不安などで自律神経が乱れると、その影響を受けて食欲に関する中枢神経も乱れる可能性があるのです。

また睡眠中は、食欲に関係するホルモンが分泌されるタイミングでもあります。

とくに睡眠時間が短いと、レプチンという食欲を抑える作用をもったホルモンが低下し、満腹ホルモンとも呼ばれる食欲増進作用のあるグレリンの分泌が増加することに…。
そのため寝不足が続くと食欲が増して、満足感を得るために食べる量が増える可能性があるのです。

食欲抑制ダイエットでコントロールできるの?

体の機能によって満腹感を得たり空腹感を抱いたりしますが、これは生きていくうえで欠かせない生理的な欲求でもあります。
ですが、見た目や香りなどの刺激を受けてお腹が減ることもあり、この場合は満腹ホルモンなど関係なく抱く感覚的な食欲です。

食欲抑制ダイエットでは、この生理的な食欲をコントロールするのが一般的で、食事の制限だけでなく、食材の成分作用や満足感を意識して体全体にアプローチをしていきます。

糖質や脂質を避けて摂取カロリーを抑える制限ダイエットとは違い、無理なく食べる量を減らし肥満解消につなげていくので、我慢をせずストレスを溜めないダイエット方法と言えるでしょう。

中には青い着色料で色をつけて、感覚的な食欲抑制に働きかけるダイエット方法も流行りましたが、生理的な食欲を抑える方が成分作用もあるのでダイエット効果も高いと言えます。

生理的な食欲抑制を自分で始めるには?

毎日の生活でも、食欲抑制を心がけた食事をとることは可能です。

ドカ食いを防ぐためにも、朝昼晩の1日3食をしっかり食べて、また早食いによる満腹感の遅れを防ぐためにも、きちんと噛んで食べるのが重要。
また、いきなり肉や魚、米といった主食を食べ始めるよりも、コース料理のようにサラダから食べ始めると低カロリーの食材でお腹が満たされるので、食べる順番も意識していきましょう。

そして、糖質や脂質ではなくタンパク質や食物繊維といった、比較的低カロリーの食材をメイン料理にすれば、食べるのを我慢するストレスをためることなく食欲を抑えることができます。

とは言え、いくら食欲を抑制する毎日を続けても、生きるために必要な栄養素は必要です。

栄養不足に陥れば体内の脂肪もエネルギーに使われるため、一見ダイエットに良い効果が発揮できそうですが、ホメオスタシス効果と呼ばれる飢餓状態になると真逆。

生命を守るために体の環境を少しでも保とうと、脂肪を増やし栄養素を溜め込みやすくするので、痩せにくく太りやすい体となってしまいます。
参考:https://www.saylor.org/site/wp-content/uploads/2010/11/Homeostasis-Overview.pdf

ダイエットの停滞期対策はもちろん健康面から考えても、必要な栄養素をバランスよく摂取しなければいけません。

薬で食欲抑制もできるって本当?

生理的な食欲を抑制するのに、ダイエット薬を飲んで食事制限する方法もあります。

メディカルダイエットやダイエットピルとも呼ばれますが、日本でも医師の処方薬で薬をもう買うことも可能。

といった薬を服用すれば、即効性よりも確実性を重視した食欲制限や減量に取り組めるのです。

ただし、こちらは基本的にBMI35以上、肥満度70%以上など重度肥満者が対象、かつ長期服用は不可。
対象者以外でも服用可能ですが形成外科や美容外科、美容皮膚科で自由診療を受診する必要があり、通院する時間も費用もかかります。

そこで、薬だけ手に入れるやり方として注目を集めたのが、医師の処方箋もいらない海外製の個人輸入です。

ドラックストアや店頭など市販で購入できない薬も海外製品の個人輸入なら、価格も安く手軽に購入できます。

ですが、日本人向けに作られていないのに加え、日本では配合されていない成分が使われたり、より高濃度な成分量となっていることも。

実際に、2015年にアメリカで承認されたダイエット食欲をコントロールする「コントレイブ(Contrave)」は一部で副作用の危険性が指摘され、日本では手に入らない成分です。

このような内容成分を知らずに「食欲抑制できる薬だから」と海外製のダイエット薬を飲むのは、ダイエット効果はもちろん健康面でも非常に大きなリスク。

薬に頼った食欲抑制に取り組むなら、日本での診察や治療で始めるのが良いでしょう。

より安全で手軽な「食欲抑制サプリ」の活用

そこで注目されたのが、より安全に食欲抑制に取り組めるサプリメントの活用です。

薬と副作用や飲み合わせの心配もないのに加え、栄養不足の対策も考慮されているので安全性は抜群。
さらに脂肪燃焼効果が期待できる脂肪燃焼成分をはじめダイエット成分など、プラスαの配合がされている商品も多く、幅広いアプローチでダイエットに取り組めます。

薬のような即効性や確実性は期待できませんが、科学的根拠に基づいた機能性を表示した機能性表示食品タイプも増加中です。

  • 安全に食欲抑制のコントロール
  • 栄養バランスも意識したカロリー調整
  • 薬よりも手軽に始められるサプリ
  • 食欲抑制以外のダイエット効果も期待
  • キャンペーンやセールなどのお得情報も豊富
  • 女性に嬉しい美肌や美容成分配合の商品も

ダイエット効果に加え、続けやすさやコスパ、女性向けのプラス成分も見逃せないポイントです。

食欲抑制サプリのおすすめ成分7選

食欲抑制サプリでおすすめの成分と、期待できる効果や効能をまとめました。

1.アフリカンマンゴー

マンゴーに含まれるマンゴーエキスが、食欲を抑える働きをするレプチンの分泌を抑えてくれる効果が期待できます。
睡眠時に分泌されるホルモンでもあるので、仕事や毎日の生活で睡眠時間が短くなりがちな人は積極的に摂取したい成分としておすすめです。

◆アフリカンマンゴーが配合されたおすすめサプリ
⇒「フルベリ

2.ブラックコーヒー

コーヒーに含まれるカフェインは交感神経を活発にさせて血糖値を上げるので、食欲を抑制するのにおすすめ。
ですが、ダイエット中なら砂糖やミルクをプラスするのは避けたいところ。
ブラックコーヒーが苦手な人なら、サプリで摂取するのがおすすめです。

◆グリーンコーヒーが配合されたおすすめサプリ
⇒「コレスリム

3.酵母ペプチド

酵母ペプチドは血液中に存在するレプチンを増やすのに加え、満腹ホルモンとも呼ばれる食欲増進因子のグレリンが減少したマウス実験結果があります。
酵母菌や酵母ペプチドDNF-10は、脂質合成を抑えるダイエット成分としてもお馴染みですが、食欲抑制作用でも大きな期待ができるため減量におすすめな成分です。

◆酵母ペプチドが配合されたおすすめサプリ
⇒「プレミアム酵母

4.ガーシトリン

アメリカの医療機関では特許成分として治療に使われているガーシトリン。
ヒドロキシクエン酸がクエン酸に似た働きをして、余分な成分を脂質として蓄積しない脂肪合成の抑制作用もあるため、食欲抑制のダブルアプローチが可能です。
ガルシニアカンボジアという植物から抽出された、植物由来成分となっています。

◆ガーシトリンが配合されたおすすめサプリ
⇒「カロリナ酵素プラス

5.ギムネマエキス

ギムネバシルベスタは、葉にあるギムネマ酸の配合体がダイエット成分として今、大きな注目を集めています。
食欲抑制だけでなく糖分の吸収を抑える働きもありますが、毎日の食生活で摂取するのが難しい成分なので、サプリの活用がおすすめです。

◆ギムネマエキスが配合されたおすすめサプリ
⇒「デュアスラリア
⇒「カロリミット

6.食物繊維

大6栄養素でもお馴染みの食物繊維は、胃で消化されずに腸まで届くため、便秘解消や善玉菌を増やして腸内環境を整えるケアに選ばれている成分。
ですが、胃で消化されないため満足感が得られるため、毎日の食事で食欲を抑える働きとしても有効です。

7.グァバ葉ポリフェノール

グァバの葉に含まれるポリフェノールは緑茶や烏龍茶にはない、糖の吸収を穏やかにしてくれる働きが魅力的で、血糖値が気になる人向けの飲料水でも配合されているくらい。
糖質をブドウ糖に分解する酵素の働きを抑えるため、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます。

更新日:

Copyright© できるダイエット , 2018 AllRights Reserved.

https://ican-diet.com
ダイエットサプリ「コレスリム」