できるダイエット

40代女性の辛くない痩せ習慣!三日坊主のあなたにも出来る簡単に痩せる方法を紹介します。キツくない食事制限と運動、やる気を保つ方法が身に付けば、リバウンドしない痩せ習慣ができます。そして痩せ体質を加速させるダイエット食品も要チェック。

痩せる方法

糖質制限ダイエットとは?

投稿日:

米や小麦などの主食や甘いものに含まれる糖質は、私たちが生きていく上で必要な栄養素のひとつです。しかし、現代では糖質の摂りすぎが原因で肥満になる人が増えていると言われています。そこで注目されているのが、カロリーを減らすのではなく糖質を控えた食事を摂る「糖質制限ダイエット」です。

糖質制限ダイエットが効果的な理由や、成功させるためのポイントなどを見ていきましょう。正しい方法をマスターすれば、脂肪が燃焼しやすい痩せ体質を作れるはずです。

糖質制限ダイエットの仕組みと効果

糖質は甘いものだけでなく、ご飯やパン、麺類などの炭水化物にも含まれています。このことから、糖質制限ダイエットは「低炭水化物ダイエット」とも呼ばれています。では、なぜ炭水化物を控えると痩せることができるのでしょうか?

私たちの体が栄養素をエネルギーに変える仕組みや、低炭水化物ダイエットを行うことで得られる効果を合わせて解説していきます。

エネルギーの元は糖質!摂取する量が少なければ脂肪が分解されて使われる

人間の体は、摂取した栄養素をエネルギーに変換することで日常生活や運動をしています。糖質はエネルギーに変わるスピードが速いため、優先してエネルギー源として使われます。そして、糖質が足りなくなったときにエネルギー源として使われるのは、体に貯め込んでいる脂肪です。

低炭水化物ダイエットをすると、生命活動に必要なエネルギーを糖質から作ることができなくなり、脂肪が分解されて使われるようになります。この脂肪燃焼効果が糖質制限ダイエットの主な目的です。

血糖値の急激な上昇や降下はダイエットの大敵

血糖値が上がると、余分な糖を脂肪として溜め込む働きのある「インスリン」というホルモンが分泌されます。炭水化物や甘いものをたくさん摂るとインスリンの分泌が多くなり、太りやすくなってしまいます。

また、血糖値が急激に上がると降下するスピードも速くなり、低血糖の状態になることがあります。低血糖を起こすと脳が糖分を欲しがり食欲が抑えづらくなるので、ダイエット中には避けたい状態ですね。

糖質は人間が生きていくために欠かせないエネルギー源ですが、足りなくなれば脂肪が代わりに使われます。この仕組みに注目したのが、糖質制限ダイエットというわけです。さらに、炭水化物を摂りすぎると太りやすい状態に陥りますので、低炭水化物ダイエットは科学的な根拠に基づいた方法と言えます。

糖質制限ダイエットの効果的な行い方

低炭水化物ダイエットは、完全に糖質を抜いてしまうものではありません。全く糖分を摂らないと、健康に害が出てしまうおそれがありますので、正しい方法をマスターしましょう。また、主食以外にも糖質制限を行う上で適した食品と適さない食品がありますので、覚えておくと成功率が上がります。

1日に摂取する糖質は50g以下が理想

1日に摂取する糖質の量は50g以下が理想とされています。しかし、これはあくまで理想ですので、初めて糖質制限をする人は様子を見ながら行うといいでしょう。

例えばこれまで1食当たりご飯を2杯食べていたなら、1杯に減らすといったことから始めてみましょう。ご飯は温かいまま食べるより冷めてから食べた方が糖の吸収が緩やかになります。

減らすのは炭水化物だけ!肉や魚は食べてもOK

糖質制限ダイエットでは、カロリーを減らすダイエットと違い、食べる量自体を減らす必要はありません。食事の回数も1日3食食べるのが基本です。主食や甘いものを控えれば、肉や魚などのタンパク質は満足するまで食べることができます。

果物や野菜にも糖は含まれている…NG食品を知って失敗を防ぐ

甘いものや炭水化物以外にも、糖分が多く含まれている食品があります。果物には果糖が含まれていますし、野菜にも糖分が多いものがあります。

■オススメの野菜…レタス、ほうれん草、小松菜、ナス、もやし、ピーマン など
■NGな野菜…ジャガイモ、サツマイモ、トウモロコシ、カボチャ、ゴボウ など

葉野菜には糖質が少なく、根菜類には糖質が多いことが分かりますね。野菜だからといって糖分の多いものを食べてしまうと失敗の原因になりますので、注意しましょう。

過度な糖質制限を行うと脳に負担がかかることも

このダイエット法の一番の注意点は、糖分をカットしすぎると健康上の問題が出てしまうということです。特に脳にとって糖質は唯一のエネルギー源なので、足りなくなると集中力が落ち、うつ状態になってしまうこともあります。もしダイエット中に異変を感じたら、炭水化物を摂る量を増やしてください。

科学的にも証明された理論があると、安心してダイエットを実践できますよね。方法や知識をしっかりと身に付けておけば、結果を出しやすい方法と言えます。無理のないペースで、減らした炭水化物の量と体重の変化を見ながら行うと効果的です。

-痩せる方法

Copyright© できるダイエット , 2018 AllRights Reserved.

https://ican-diet.com
スーパーフード美人赤汁